TAKUMA KATO

コーヒー豆の素晴らしい魅力を
最大限に伝えたい

Signal株式会社 代表取締役加藤 拓磨

私の親族はタイ最北部、チェンライに住む少数山岳民族「アカ族」村長一家であり親族は、コーヒー豆栽培に携わっておりました。

2012年より親族の地でコーヒー豆栽培から携わることで、コーヒーの原料である赤い果実(コーヒーチェリー)の魅力に魅かれていきました。
果実の種という原料だけを見ると、コーヒーとはなぜ黒いのか?黒く焦がすだけでは、素材を活かしきれていないのでは?素材の幅広い活用を見出したいとも考えるようになり、研究を開始しました。

STORY

私はこれまで、株式会社Ligにて愛知県の研究開発支援プロジェクトや大学との共同研究など、研究所所長として研究開発を行ってきました。
株式会社Ligは、山梨へ地球との調和を。私は、愛知で未知なる融合へ。互いに異なる未知を歩み始めました。
私は、コーヒー豆の更なる追究と、幅広い可能性を見出していくことを目的として2020年9月にSignal株式会社を設立し、更なる追究を目的とした研究所【Lab Signal】を立ち上げました。
コーヒー豆の有用な成分における体内の様々なシグナル(情報)伝達経路を解析、追究することでコーヒー豆の新たな可能性と関連性を見出し、人生を捧げ開拓していきます。

コーヒー豆を嗜好品から健康志向品として。
現代病(メタボ、糖尿病、がん、認知症、更年期、痛風、など)と呼ばれる近年急増する病に対して、コーヒー豆の豊富な健康成分の関連性が注目されているのです。

コーヒー豆の成分は、必須栄養素でもなければ、絶対に必要な成分ではないかもしれません。しかしながら、皆様の人生をより豊かなものへと導いてくれると自信を持って推奨します。
なぜなら、僕自身がコーヒー豆によって人生が明るく健やかなものとなったからです。

Signal株式会社 代表取締役加藤 拓磨