世界中で親しまれるコーヒーの原料である
コーヒー「豆」の魅力を最大化させ、
オーカーを世界中の皆様に飲んでいただきたい。

オーカーとはコーヒー「豆」の新たなカテゴリー飲料です。
株式会社Ligと共に、コーヒー豆の幅広い魅力を世界へと発信しております。

【コーヒー】→
嗜好品として、特有の香り高き飲料です。
【オーカー】→
健康志向品として、お茶のような感覚でコーヒー豆の豊富な健康成分や様々な素材とのブレンドも楽しめるカテゴリー飲料です。

どちらも、コーヒー豆の幅広い長所を活かしており、コーヒー豆の幅広い可能性を皆様に届けていきたいと考えます。

オーカーとはコーヒー「豆」の新たなカテゴリー飲料です。
株式会社Ligと共に、コーヒー豆の幅広い魅力を世界へと発信しております。

【コーヒー】→
嗜好品として、特有の香り高き飲料です。
【オーカー】→
健康志向品として、お茶のような感覚でコーヒー豆の豊富な健康成分や様々な素材とのブレンドも楽しめるカテゴリー飲料です。

どちらも、コーヒー豆の幅広い長所を活かしており、コーヒー豆の幅広い可能性を皆様に届けていきたいと考えます。

STEREOTYPES

食の概念から

コーヒー豆は黒や焦げ茶色しかないのか?

一般的な『食の概念』から、
素材を焦がすことしかないというのは普通と言えるだろうか?

栽培地から携わることで知ったコーヒー豆の本来の姿。魅力。労力。

だからこそ、コーヒー豆の魅力を香りだけではなく、
異なる形で最大限に魅力を伝えるべく
7年の研究を重ね生まれたのがオーカーである。

COFFEE TREND

コーヒー豆の
新たなカテゴリー飲料へ

オーカーはコーヒー豆を原材料としてコーヒー豆の本来の
豊富な健康成分に特化した新たなコーヒー豆のカテゴリー飲料です。

【茶葉】 緑茶 ウーロン茶 紅茶

【肉】 レア ミディアム ウェルダン

上記のように、同一素材からなる異なる認識と区分けは
加工プロセスで変化します。

コーヒーとは

コーヒー豆を原材料にして、焙煎という加熱をすることで特有の香りが生まれます。
コーヒー(黒い、苦い、酸味)。
※焙煎とは・・・油や水を使わない加工プロセスです。

SEED

比類なき
スーパーシードであった

コーヒー豆の主な成分は3つ挙げられます。

クロロゲン酸類 ポリフェノールの1種でトクホ(特定保健用食品)などでも 血圧、血糖値、抗酸化作用にて様々な使用がされています。
カフェイン 覚醒、血液循環作用、医薬品にも含まれます。
トリゴネリン 脳の活性化や血管をしなやかにする作用

上記の3つの成分は、様々な効果が期待でき、現に学術論文やメタ解析などで多く発表されています。

コーヒー豆由来成分であり、健康効果が期待できる成分をその他の野菜や果物と比較しても群を抜く数値です。

NUTURITION

コーヒーでは豊富な健康成分が
失われていた?!

コーヒーで行われる焙煎では、熱が非常に高いので、ほとんどの健康成分は 加熱分解され香りの代償として失われます。
オーカーでは、低温焙煎を用いてコーヒー豆の健康成分を加熱分解させる ことなく焙煎しております。

  クロロゲン酸 カフェイン トリゴネリン
コーヒー 1mg 900mg 検出なし
オーカー 4,500mg 1,100mg 740mg